掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

top space

2016年05月30日
おおいしゆり-大石ゆり


おおいしゆり-大石ゆり
大石ゆり容疑者(29)
岡田里香さん
同級生
中国逃亡


最近になって中国は身柄引き渡しに合意したらしいニュースが流れていた。2年も掛かった勘定だ。中国で死刑にならずに済んで良かったのか。同行した中国人の取り調べはどうするのか。
中国に逃げても駄目なことが分かれば意味は大きい。中国自身は犯罪的だが、犯罪に緩い国ではない。




http://www.yomiuri.co.jp/national/20160520-OYT1T50129.html

死亡女性になりすました女、日本へ引き渡し決定
2016年05月20日 22時31分
 【上海=鈴木隆弘】東京都八王子市のトランクルームで2014年5月、大阪市西成区の准看護師・岡田里香さん(当時29歳)が遺体で見つかった事件で、岡田さんになりすまして中国・上海に出国し、上海で身柄を拘束された日系ブラジル人の女(31)に対し、中国最高人民法院(最高裁)は日本への身柄引き渡しを決めた。


 上海市高級人民法院(高裁)が20日、女に通知した。日中外交関係者が明らかにした。

 最終的には中国政府の決定も必要で、身柄引き渡しの実現は、時期も含めて未定という。

 岡田さんは14年3月下旬から行方不明になった。岡田さんの幼なじみだった日系ブラジル人の女は、岡田さん名義のパスポートを不正に取得し、中国へ出国。上海で公安当局に不法入国の疑いで身柄を拘束された。

2016年05月20日 22時31分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

[ 投稿者:ナナ at 14:49 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年05月27日
たどころやすひろ-田所靖浩
たどころやすひろ-田所靖浩

田所靖浩



自暴自棄になると監視カメラの前でも犯罪を働く。

[ 投稿者:ナナ at 09:30 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年05月24日
日米地位協定を破棄できない政権は正しい政権に非ず!
日米地位協定を破棄できない政権は正しい政権に非ず!

日米地位協定
占領下の法律を維持する政府の弱腰はいつまで続くのか。
安倍政権は憲法改正の前に占領下体制を打破するのが先だろう
謝罪なし広島訪問もアメリカの占領軍・戦勝国気分が残っている証拠だ。冷水で顔を洗ってもらえ。その前に安倍自身が顔を洗うべきだ。

・・・
[ 投稿者:ナナ at 16:09 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年05月19日
シンザト・ケネフ・フランクリン
シンザト・ケネフ・フランクリン

シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者
島袋里奈被害者



一体どこの馬鹿なんだろう?
日米地位協定と言う不平等契約の破棄はもう待った無しだろう。

[ 投稿者:ナナ at 22:33 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年05月12日
三菱自動車は日産傘下に?狙いとリスクは?


三菱自動車は日産傘下に?狙いとリスクは?

ニュース速報に相当するかな。深夜のニュースで日産が数千億円で三菱自動車の株式の3割強を取得して日産傘下に置くことで合意したような話が飛び込んできた。



ゴーンCEOの判断かな?。こういう判断が出来るところがゴーンの強み。日本の経営者では無理だろう。

弱体化して、トヨタ・日産の2強から今は第3位というポジションに落ちてしまった日産にとっては2強体制回復のチャンスであるし、三菱グループの取り込みも思惑にあるだろう。

国内市場の4割は軽自動車。燃費問題は不測の事態だが、三菱との協業自体は上手く行ったと日産側は判断したとも思える。

三菱グループとしては、明らかに荷物だから、早く上手く処理したいが、中国韓国などの触手は全く受け入れられないだろう。 日産ならウエルカムだったのか。

リスク

日産の親会社はルノー。株式的には。ルノーの株式はフランス政府。フランスの思惑が三菱グループに及んでくるのは避けたい。

日産がルノーの支配から離れることが、日産が飛躍する条件になりそうな気がする。



自動運転の時代を迎えて巨大投資が必然な状況では、吸収合併による巨大化はある意味必然の流れ。今回は燃費問題と言う分かりやすい切っ掛けがあっただけのことで、三菱自動車の生き残りはどの道難しい状況だったと考えるべきでしょう。

明日の株価が市場の反応を見る最初のタイミングだが、多分、歓迎されるのではないか。

[ 投稿者:ナナ at 09:48 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]