掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

top space

2015年03月30日
全日空ANAの株主優待制度が2015上期より変更!何が良くなるのか?
全日空ANAの株主優待制度が2015上期より変更!何が良くなるのか?

2015年度上期発行株主優待(有効期間:2015-06-01〜2016-05-31)

これまで株主優待券は使った経験はないが、搭乗券を手に入れるときには料金と優待券を渡す必要があった。ネットで予約をしても空港カウンターかチェックイン機で回収される。チケットレス化が進む中ではその回収手続きが面倒なこともある。

新しい株主優待券(⇒名称は「株主優待番号ご案内書」に変わる)は券に記載された優待番号とパスワードを利用だけで、券そのものが回収されることはない。パスワードはスクラッチでマスクされているので簡単に見ることが出来る。

面白いのは、スクラッチがはがされていても実際に利用されていない限りはそのカード(「株主優待番号ご案内書」)の有効性に変わりはないということ。自分で利用する場合は何も問題にならない。

他人が利用する場合も信頼関係がある場合は未使用と申し伝えするだけで十分だろう。ANAのサイトで簡単に利用可能かどうかチェックできる仕組みがあれば混乱も少ないはずだ。

空港カウンターで従来どおり手続きする人は、結局は「株主優待番号ご案内書」を提示するので手順は変わらない。ネットで予約する場合は、決済も株主認証も完了しているので、利用したクレカなどでそのまま搭乗口まで行ける(?)。



「株主優待番号ご案内書」を第3者に譲渡する場合は、未使用であってもスクラッチが外されているものは、業務利用者に限定されるだろう。一般利用者にはスクラッチが掛かったままの物でなければ流通させることは出来ないだろう。

流通を仲介する業者は、手間を惜しんでスクラッチが掛かったままの物しか取り扱わない可能性が高い。二重売買のリスクを回避するには当然だろう。仲介業者の窓口まで行って未使用を確認する手順が必要になる。

ツアー会社なら安く変えるなら窓口確認もOKにするに違いない。

[ 投稿者:ナナ at 21:49 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年03月25日
菅義偉はどうして沖縄を苛めるのか?沖縄を苛めて楽しいのか?
菅義偉はどうして沖縄を苛めるのか?沖縄を苛めて楽しいのか?

菅義偉の言うことは殆どすべて天唾ではないか。

知事が変わったら言うことが変わるのが可笑しいって、総理が変わったら言うこと変えたじゃないか。人が変わればいうこと変わるのは当然だろう。

民意が変われば知事も変わる。

県民の支持のない知事とどさくさまぎれに契約した政府こそ問題だろう。姑息なやり方は菅義偉の方だ。

心のこもらない手続き論で話を進めるやり方も問題だ。

露骨に沖縄虐めを続けているが、人間として大丈夫かな。何かの欲に目がくらんで回りが見えなくなっているのかもしれない。沖縄県以外にも県民は居るし、沖縄の惨状に同情する人も多い。沖縄虐めを繰り返せば相当の恨みを買っているに違いない。

テレビに映る顔も最近は見難い面相になっている。人間の心を捨てたのだろうか。思惑があるのだろうか。
[ 投稿者:ナナ at 00:44 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年03月20日
かみやみつよし-神谷三義
nahacity2





かみやみつよし-神谷三義

神谷三義容疑者(52)
那覇市古波蔵
米大使館に爆破予告電話
キャロライン・ケネディ駐日大使脅迫電話


http://www.sankei.com/affairs/news/150319/afr1503190063-n1.html

2015.3.19 23:23

米大使館に爆破予告電話、容疑で沖縄の男逮捕 ケネディ駐日大使脅迫電話の関連調べる

19日、日米両政府主催の教育関連行事に出席したキャロライン・ケネディ駐日米大使(右)。中央はあいさつするミシェル・オバマ米大統領夫人。左は安倍昭恵首相夫人=東京都港区の飯倉公館(代表撮影)
 駐日米大使館に爆破を予告する電話をしたとして、警視庁捜査1課は19日、威力業務妨害の疑いで、那覇市古波蔵、職業不詳、神谷三義(みつよし)容疑者(52)を逮捕した。同課の調べに「間違いありません」と容疑を認めている。

 同大使館には2月中旬から3月中旬にかけ、キャロライン・ケネディ駐日米大使の殺害予告などの脅迫電話は約30回あり、同課で関連を調べている。

 逮捕容疑は、3月5日から同14日までの間、計3回、駐日米大使館に大使館などを爆破することを示唆する片言の英語で電話し、警戒を強化するなど業務を妨害したとしている。 



素早い逮捕ですね。
韓国の事件の後ですから警視庁も必死だったか。
容疑を認めているとのことだが、愉快犯?。52歳でやることじゃあるまい。背後関係が無ければ厳重注意で釈放か。
[ 投稿者:ナナ at 00:15 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年03月05日
政治献金を受け取る政治家はサラリーマンの給与を盗んでいることになる?
img_878669c91fb318b6e01048239aeb03d0442745

政治献金を受け取る政治家はサラリーマンの給与を盗んでいることになる?

安倍さんが経済界に給料を上げろというがそれって矛盾していませんか。サラリーマンの給料を盗んで政治献金にしてもらっているのは政治家自身でしょう。返金しなさい。

『そもそも企業献金は利益横領・脱税に相当する犯罪行為!受け取る政治家は共犯者!』


経営者は政治献金をしたいなら自分の報酬のなかからしなさい。株主配当や給与に回すべき利益に手をつけないでください。利益横領罪です。利益には税金が掛かりますが、納税機会も喪失させているのは脱税行為に相当します。公私混同は犯罪ですよ。今までの会社の利益に手をつけた分は全部返しなさい。
経営者は、自分の個人的なお金から特定の政治家に献金している額を明らかにしなさい。経営者は支援する政治家との約束を自分のお金で果たしているなら立派なものです。社員の給与に手をつけてやっているだけで自分の懐を痛めていないなら恥さらしです。
経団連は経営者に献金を促すのは勝手ですが、企業献金という犯罪行為を唆してはいけません。今までの分は全部臨時配当で返してください。
政治家が受け取る企業献金は株主の利益、社員の給与を掠め取ったものです。給与を上げろといっておいて実際は給与のピンはねに加担している矛盾を知らない訳ではないだろうから全額返金してください。もらった金は正しいお金ではありません。
政治家は税金からも金をもらっている事実を再認識すれば、そもそも企業年金を受け取るのは不適切と認識すべきです。
ましてや、政府補助金を受け取った企業からの還流献金を受け取るのは論外中の論外。税金を浸かった錬金術そのもので極めて犯罪性が高い。誤って済むこと知らなかったで済むことではない。
「しらなかった」?総理までが使い始めたフレーズ。一種の愚かさを露呈したと言えるだろう。知らなかったといって、しようがないねと許す相手は子供ですよ。幼い未熟な存在に対して知らなかったのなら今回は多めに見ようとか。政治と金に関する規制について理解している政治家は自分がどういう寄付を受けてはいけないかは知っている。知らなければ政治家辞めろ!。政府の補助を受けたか会社かどうかは知らないといいたいのだろうが、調べることは出来る。調べようとしなかったのなら、自分は法律を破ったとしての構わないと判断したのだから、「知らなかった」とは意味が全く違う。調べたが、相手(企業)が嘘をついたため分からなかったぐらいがぎりぎりセーフだろうか。
大事なことは適切なレベルで「知る努力」をしたかということと。その記録証跡を残しているか。それで初めて説明責任が負えることになる。献金を受けるのは当事者なんだ。当事者責任として知る努力は避けられない。
「知るべきを知らざるは罪なり」。

[ 投稿者:ナナ at 16:22 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

群馬大学殺人病院?群馬県警はなぜ殺人医師を逮捕しないのか?
群馬大学殺人病院?群馬県警はなぜ殺人医師を逮捕しないのか?

すなせゆたか-須納瀬豊
須納瀬豊

この名前は重要で市民は頭に入れておかなければいけない。特に、現時点では北関東の人には重要だ。もしいつか病気をして入院しそうになった時に、この医師がいる病院への入院は止めた方が良い。実質的に殺されてしまうかも知れないからだ。
群馬大学病院で長年に渡って行われてきた不適切手術に関連している疑いがもたれている。
彼がいつまでも群馬大学にいるわけでもないから日本の何処へ行ってもこの名前を見たら用心しなければいけない。
本来なら、群馬大学は問題医師の氏名を公表すべきでしょう。それは市民の安全のために必要なことだからです。彼が犯罪者かどうかは法律が決めるでしょうが、彼が安心できる医者かどうかは市民が決めます。
名前を伏せて、また劣悪手術の犠牲者が出たら大学は共犯者です。
嫌、群馬大学病院そのものが敬遠すべき対象と考えてもいいでしょう。
ネット上の情報から自分の身の安全のためにも必要なため名前を特定したが、ネットの情報が嘘・出鱈目の類と判明したら即刻修正すること。群馬大学病院には1日も早い氏名公開が望まれる。可能なら顔写真も公開して欲しい。市民の安全のためです。
群馬大学病院は問題医師へ医療業務を禁止しているらしいが、他の病院へ移れば命令は届かないから、どうしても医師の名前を市民は知っておく必要がある。
医師免許剥奪もやって欲しいが、そこまで踏み込んでいないようだ。




http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150303/k10010002751000.html

群馬大病院 死亡診断書に虚偽記載

3月3日 18時14分

群馬大病院 死亡診断書に虚偽記載

腹くう鏡を使った手術で患者8人が死亡していた群馬大学医学部附属病院では、同じ医師が執刀した腹部を切り開く開腹手術でも10人が死亡していますが、このうち1人は病院が当初診断していたがんではなかったにもかかわらず、医師はその事実を遺族に告げず死亡診断書にも虚偽の記載をしていたことが分かりました。
腹くう鏡を使った手術で患者8人が死亡していた群馬大学医学部附属病院では、同じ40代の男性医師が執刀した腹部を切り開く開腹手術でも10人が死亡していることがすでに明らかになっています。
この開腹手術で死亡した患者のうち、事前にがんと診断され、手術後に死亡した患者1人について、病院側は記者会見で死亡後の診断でがんではなかったことが分かったものの、医師は遺族に説明せず生命保険の診断書にも虚偽の記載をしていたことを明らかにしました。
病院によりますと、担当の医師は「記憶がはっきりせず、なぜ診断書にがんと記載したか分からない」と話しているということです。
病院では手術の妥当性や死亡との因果関係について、腹くう鏡手術の問題とは別の調査委員会を設けて検証を進めていて、結果がまとまりしだい担当の医師と上司の医師を処分する方針です。




全くの憶測だが、須納瀬という珍しい名前が気になる。検索すると、東京女子医大に須納瀬弘医師の名前がみつかる。珍しい名字と名前は漢字一文字で一致するので須納瀬豊医師の関係者かも知れない。年齢からすると弘さんがお兄さんかも。
こちらは東北大学出身。耳鼻咽喉科。評判もいい。書物も出している。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:ナナ at 12:21 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年03月01日
川崎市大師中・被害者少年クラス担任の罪?





川崎市大師中・被害者少年クラス担任の罪?

被害者:上村遼太くん(13)
校長:金子勉
上村遼太くんのクラス担任:女性教諭?

正月明けに登校しないので電話を入れる。
頻繁に電話を入れる。30回。
訪問もする。5回。
殺害される4日前には携帯電話で話が出来ている。
それでも不登校。
1月8日から2月16日まで。嫌、死ぬまで担任は上村君にあっていない。
大師中の職員会議議事録には何の記録も残っていない?。
(疑問)
この担任いつまで電話を続ける気だったのか。
殺害されていなければ、今もなお電話を続けていたのか。
会えない家庭訪問を繰り返していたのか。玄関でチャイムを押すかドアをノックするだけの訪問だったのか。
母親とは会話も出来ていたらしい、SOSをなぜ捕まえられなかったのか。母親に自分の責任まで転嫁させていたのではないか。
上村君と話ができたときになぜテストとかプレッシャーを掛ける話をしたのか。救いの手を差し出すのではなく、相手の手を断ち切る会話ではなかったのか。
問題を誰にも相談していなかったのか。
自分で問題を解決できるつもりだったのか。
電話をすることで勝手に免罪符にしていなかったのか。
自分の子供とコンタクトできなかったら、それでお携帯に電話を掛け続けることですましていたのか。
問題解決のために、児童相談所、警察署、教育委員会、教頭、校長、何処まで問題解決に向けてエスカレーションさせたのか?。
自分で問題を溶けないのに問題を抱えたままにするのは最低の対応ではないのか。
親の問題だとして自分は逃げていたのではないか。親が問題解決できないから不登校の実態になっているのに、自分は電話を掛けるという免罪符だけで済ましていたのではないか。
係わり合いになりたくない。最低のこと。電話を入れるだけで、全て済まして、自分は結局逃げていたのではないか。
(結論)
担任は逃げることに熱心だっただけで、本当に子供のことを考えた行動は1つもとっていない。
唯一の社会との接点なのに、この担任が蓋をして閉じてしまった。
会えないことが最大のメッセージじゃないか。最大のSOSじゃないか。それを無視して、ただひたすら電話して済ましている。
自分の子供と会えなくなったら、電話が通じなくなったら、子供13歳の少年でしかなかったら、普通はもっと大騒ぎするだろう。
この担任は鬼のような冷たい邪悪な心で上村少年を見ていたとしか思えない。
無責任の証拠は一度もメディアの前に出てきていない。状況説明も釈明も何もしていない。完全に逃げ回っている。熱心にコンタクトをとろうとしていたと弁護する話と矛盾する。本当に心配していたのなら悔しさと怒りに震えて自分の思いを言わずにはいられないはずだ。隠れているのは自分の罪の重さを理解しているからだろう。
犯人グループを別にすれば、嫌、犯人グループを含めてでも、この不作為の担任の罪は重い。
困った状態を目の前に示されてもこの担任は結局何もしなかった。折角通じた最後の会話もテストだから学校へ出てこいで終わらせている。全く何も考えない能天気。それで救われるはずがないと少年は直ぐに分かったのだろう。
無能無気力無責任な担任に見殺しにされた。それが結論ではないか。
[ 投稿者:ナナ at 23:40 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

「政治と金」問題に汚れたあの"ダーティ晋三"が戻ってきた?
hqdefault



「政治と金」問題に汚れたあの"ダーティ晋三"が戻ってきた?

"ダーティハリー"は悪徳を懲らしめるが、"ダーティ晋三"は「政治と金」問題に汚れた悪徳に加担しているかのようだ。腐敗した政治からは既に腐臭が漂っているかのようだ。腐敗も伝染している。中央も地方も腐臭でいっぱいだ。中国共産党が必死に腐敗政治の掃討に取り組んでいるが、それ以上の取り組みが必要ではないか。安倍晋三(あべしんぞう)はしかし政治腐敗に取り組む有資格者ではないかも知れない。既に安倍晋三自身が腐臭を発する存在になっていないか心配だ。安倍の周りには政治と金問題に汚れた人が集まってくるのは同じ臭いがするからだろうか。

大きな仕事がしたければ、先ず身の潔白、存在の正当性を確立しなければいけないのは当然だ。不平等な投票、金で買った投票、助成金の還流(政治家のマネーロンダリング)、政党助成金と寄付金の二重取り、天下り放置など、こういう泥沼に浸かったままでは国民の信任は得られず大きな仕事が出来る訳がない。

与党の議席数が多いが得票率は極めて低いことも認識しなければいけない。国民のマジョリティは与党に対して選挙ではノンだったということだ。

謙虚に丁寧にというのは正しい態度だが、その前に身奇麗にしてもらいたい。ダーティを拭い去るシャワーを浴びる。沐浴する。其れが先だ。



兎に角。兎に角。田中角栄の後、最も期待できる総理の一人が安倍晋三なのは誰の目にも明らかだ。大きな仕事をやってもらわなければいけない。必死でやってもらわなければいけない。国民の期待も大きい。

だからこそ、不用意、迂闊を繰り返すことは許されない。本当の政治家にならなければいけない。気合は必要だが、空回りしている。本当に必要なのは気迫。世事に流されるな。本物志向。下手なセールスマンになるな。姑息をやるな。思いを直接国民に告げよ。

悪徳を一掃する本物の"ダーティ晋三"になってくれ!



続きを読む ...
 
[ 投稿者:ナナ at 12:05 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]