掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

top space

2013年11月07日
和食文化の世界遺産登録?家庭料理を和食で大改造?
和食文化の世界遺産登録?家庭料理を和食で大改造?

和食文化?

和食の定義?

定義ははっきりしていないらしい。日本人にはそれほどの知恵がないのだろう。必要がなかったのかもしれない。というのは日本に来たら何でも日本人の口に合うように改良されてしまうからだ。これこそが定義だ。「日本人の口合うように調理された料理全般」。

日本人の口に合う、日本人が求める味覚。

しかし、これが今、良からぬ制作によって破壊されつつあるのだ。

朝はパンとはしゃぐのはメーカーでなくアメリカの農家だ。泣くのは日本の農家だけど、連中は給田補償で実はぬくぬくしている共犯者だ。

農家の朝食を見てごらん。パンで済ましているよ。その穴埋めは都市労働者の税金だ。

世界遺産に登録しないと消滅する運命にある和食文化は、政治の貧困の象徴です。これを企画した人はその危機感から必至に頑張ったのだろう。

拍手



キムチと並べて論じる記事を見るが雲泥であることを理解しておきたい。

[ 投稿者:ナナ at 14:31 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]