掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

top space

2013年11月05日
「ピーピングライフ」×「さとりのしょ」=平和の暴走族?
「ピーピングライフ」×「さとりのしょ」=平和の暴走族?

ピーピングライフ

さとりのしょ

ひょんなことでピーピングライフを見ていたらエンドレステープ。いつまで経っても終わらない。記憶に残る会話は少ないけど一種のBGMだね。喫茶店で本を読んでると聞こえてくるような会話。今時の若い連中はなんていいながら今時の若者の思考に関心がある連中?。親の世代も若者世代も、この連中に含まれてしまうのが面白い。今時の若者の目線、若者を見る目線、それらの交錯。

しかし、この誰でも入れそうな会話は、おせっかい焼きにはちょっとそばを離れにくいね。

ところが、最後に流れてくるテーマソングは半端じゃない。「さとりのしょ」だって。悟り?。程遠い世界だ。



「さとりのしょ」の歌詞(ネットからピックアップ)



自然界の一部に憧れ 僕も参加したいと思ったら
残念でしたまだ きみは修行が足りない
ならさとりのしょを

手にとってゆくんだ ぼくはやがて
土になってゆくのさ 何も見えない
でも生きてくんだ
だれかのためにと いいつづけて
呆れられながら行く
待っててね

歌声が届いたら 悲しみが戻るかな

子供が一人で泣きわめく
母親はどこ行った 謎だ
おっきな木なら君を
のぼらせたげてなぐさめれましょう

絵にかいたような街はやがて
月にもできるんだ 星が消えない
でも生きてるんだ
今ここで海や山や空で
鮫や蜂や梟が ごった煮で

歌声が届いたら 僕は救われるかな
言い訳をなしにして やり直しできるかな

手にとってちょうだいな
ぼくのサンプリング
きになってちょうだいな
誰も止めない そんで生きてるんだ
対話してんだ つれだってゆくのさ
自然と町と花と木漏れ日と雨と虹と
泣きやんだ子供と大きな木と海と山を越え
裏側まで光ファイバーを見下して
牧師と天使と森と精霊とお地蔵と待ち人と君と僕と

[ 投稿者:ナナ at 11:06 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]