掲示板お問い合わせランダムジャンプ

top space

2010年01月19日
カルガモ走法でその内には事故も起きるのではないか?
カルガモ走法でその内には事故も起きるのではないか?

カルガモ走法の犯罪行為がニュースで報じられているが、実際に近いものを東名で見たように思う。そのときhあ、危ない運転だなというのが最初の印象。理由は分からなかった。大型トラックを風除けに使って燃費を稼ごうとしているのだろうくらいで納得していた。ニュースではなんとETCを料金を払わないで通り抜けるための犯罪走法だとか。

でもこの大型トラックがETCレーンに行かなかったらどうするのかな。黙って料金を払うのだろうか。

捕まったのは名神だから、全国あちこちでやっているんだろうね。

減速を徹底させるのがいいのだろうね。

もっとも、無料化をやればこういう犯罪も意味が無くなる。誰だって無料がいいと考えているに違いない。日本人はろくでもないことを考える国民なんだ。事故が起きる前にさっさと無料化やれよ!
[ 投稿者:ナナ at 13:03 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

再帰性?
再帰性?

「再帰性」という言葉がるらしい。「ケインズの美人投票」という教育逸話があるようで、その中で再帰性を説明している。でも、分かるようでなかなか分からない。

投票の前にアンケートをとると投票結果を予想できる。アンケート結果と投票結果は煮たようなものになるはずだから。ところがアンケート結果を公表してしまうと、アンケート回答と投票を変えてしまうことがある。

どのように変えるか?。

オールスターのファン投票なら、自分の応援する人が当選確実なら次に応援する人に投票を変える。

1位に投票した人だけ抽選のプレゼントが付くならアンケート1位の人に自分も乗る。

情報が行動に影響を与えるのは当然だから、わざわざ再帰性などというのは別の意図があるのでしょうね。参加者の行動が仮に途中のものであっても相互に影響しあうということ。「生み出された情報が次に生み出される情報に影響を与える」。情報の時系列依存性ということかな。

視聴者心理、群集心理。これらはメディアを通して極端に傾くことが多いが、メディアの情報の偏りも再帰性を持つらしく、煽った側が煽られている。

情報の内容を変えることで、行動に対する増幅器にもなるし、減衰器にもなる。

メディアを支配すれば簡単だけど目立つし費用もかかる。メディアへのリーク情報をコントロールするだけで十分でしょう。
[ 投稿者:ナナ at 11:39 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

猛威をふるうガンブラーGumblar対策
猛威をふるうガンブラーGumblar対策

最近流行のコンピューターウイルスかと思ったら、ガンブラー自体はウイルスの名称でなく攻撃手法(ウイルスを意図的にダウンロードさせ感染させる手法)の名称。。

どこかの正規サイトを改ざんし、不正サイトにリダイレクトさせ、そこからウイルスなどをダウンロードさせるようだ。

本当か嘘か分からないが正規サイト更新に必要なFTPのID/PWがもれていることも考えられる。WEB制作委託先から流出していることのレポートも出ているようだ。大手のWEB制作会社はあちこちで利用しているから信用もあって大丈夫だろうと思い込んでしまう。
[ 投稿者:ナナ at 11:08 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]