掲示板お問い合わせランダムジャンプ

top space

2009年07月23日
加寿屋で大失敗!不味くて高い鰻に懲り懲り
加寿屋で大失敗!不味くて高い鰻に懲り懲り

加寿屋は基本的には蕎麦屋です。蕎麦は大抵美味しい。ご飯ものも大抵美味しい。で、電話で確認すると鰻重もやっているとのことだ。加寿屋なら大丈夫だろうと思ったのが浅はかだった。出てきた鰻重は袋のままレンジにかけて、たれを乗せて出てきただけ。蒸しも焼きも無い。ゴムみたいと迄は言わないが、2千円近いお金を取るようなものではない。

懲りずに何度も失敗するが、鰻はやはり鰻専門店。専門店でないところの料理長は、美味しい鰻の味も知らないでしょう。

ああ、酷い目に合ったものだ。



今回をきっかけに加寿屋へ行くのはもう止めよう。

カードも使えないし、酒も飲めない。禁煙もやってない。蕎麦もご飯者も旨いし、料金もほどほどだが、そろそろ区切りにして良さそうだ。大袈裟だけど、一つの時代が終わった感じだね。
[ 投稿者:ナナ at 19:44 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

アリコジャパンの個人情報(クレジットカード)流出は深刻!
アリコジャパンの個人情報(クレジットカード)流出は深刻!

ここのISMSはどうなのか?。多分やっていないね。経営者の責任は軽くない。社会が求めるレベルをやらないわけだから、確信犯かも。

その流出したクレジットカードはどうなるの?。二次、三次と流出先が広がっているかもしれないのに。アリコは通知してお詫びすれば済むのか?。新たに発行するとなると、カード払いの変更手続きも半端じゃないですよね。

事件が表に出てきたのは不正利用が相次いだからでしょう。流出件数は11万件とか。管理がしっかりしていないので、本当のところの流出件数は分からない。
[ 投稿者:ナナ at 18:08 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

時代遅れの自民封建主義に気付いてもいい頃
時代遅れの自民封建主義に気付いてもいい頃

今度、自民に投票したら、大企業と公務員だけが潤う社会が続く。封建時代の、豪商と武士階級だけが勝手をやっていた時代と同じ。自民の作る社会は、いろいろカモフラージュしているが、本質は封建的時代をずっと維持することになる。

スキャンダルとか、個人的な好き嫌いで態度を決める連中が本当に多いが、基本的な構造を理解していないと、表層的なことでバタバタすることになる。



自民が天下りに明確に反対しないのは「お上のご威光」を話したくないからでしょう。

天下りはとんでもない金食い虫。馬鹿自民は人件費は大したことないと笑っているが、本当に大馬鹿で、その天下った連中を入れる箱、仕事で格好付けさせるための無用な発注、で税金は膨らむ一方。

人減らしが基本。公務員の数を減らせば済むことばかり。今、霞ヶ関は不必要に肥大化した恐竜と同じく、不必要に巨大化している。経営革新に取り組まない大企業の本社スタッフと同じ。不勉強な国会議員はなんでも霞ヶ関に放り投げる。無駄仕事を発注している訳だ。もっとも、今は霞ヶ関が自己増殖を始めたから最悪。すっかり暴れ馬にしてしまったわけだ。自民の責任放棄だね。

議員を減らすのと霞ヶ関を減らすのとどちらが先か?。霞ヶ関縮小が咲き。怪獣化した霞ヶ関を先にやっておかないと必ず逆襲してくる。議員は身分が不安定だから、勝負は急がれる。
[ 投稿者:ナナ at 17:44 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

キリンとサントリーの統合は内心迷惑な話し!
キリンとサントリーの統合は内心迷惑な話し!

理由はサントリーは好きだけどキリンは嫌いだから。訳の分からないブランドが作られると困る。サントリーは一般市民向けに地道にいい商品を作ってきたけど、キリンは業者相手に長年殿様商売をやっていた。キリンの担当の感じの悪い話しをよく聞いた。

アサヒはもっと嫌いですから、最悪ではなかったかな。

サッポロは酷いね。昔のマツダみたいに訳の分からない商品をいろいろ作って、新商品効果で持って自転車操業やっているみたい。エビスのプレミアム度合いも下がったし。自分で自分をスポイルしている。サッポロこそ経営刷新が必要なのに、経営者には勇気がない。見識もないのかな?。企画、マーケティング等のスタッフも総入れ替えやったらどうだろう。

サッポロの株はどうでしょう?。本位ではなくても、アサヒに吸収してもらうしかないでしょう。そのロードマップが見えたらやっと買う話しで、今は下げるだけ下げておきたいと周りは見ているはず。どん底で、アサヒは手を出すのでしょうね。
[ 投稿者:ナナ at 17:25 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

りそなの事故の要因は経営者意識にあり?
りそなの事故の要因は経営者意識にあり?

りそな銀行で個人情報33万件が不明になる事故が発生した。全国の店舗で特定の帳票類の所在が確認できないというもの。今更このような状況が発生するのは、管理対象としての記録類が各店舗にまで徹底していなかったようだし、内部監査でも適切に押さえ切れなかったのでしょう。

サイトを見る限りでは、りそなはISMSは取得していないようだ。もし層だったら、この時代では考え難い。経営者の責任意識が低いのではないか。そうなると、このような事件は、今回たまたま表に出ただけで、隠されたものが幾つかあるのかもしれない。

もっとも、銀行のISMSほど始末の悪いものは無い。改善課題を見つけて継続的に向上させるというスキームそのものを受け入れることを嫌がる。最初から完成品という建前で行く。完成した仕組みなんか世の中に無い訳で、鼻から無理をやっている。結果は、形骸化した建前だけの仕組み。セレモニー化した活動になる。

りそなの実態は知らないので本当のところは分からないが、起こるべくして起きた事故でしょうね。
[ 投稿者:ナナ at 16:57 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]