掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

top space

2009年07月11日
野村證券のホームトレード使っている人はいないと思うけど?
hdr_logo

野村證券のホームトレード使っている人はいないと思うけど?

http://www.nomura.co.jp/hometrade/

パスワードを貰ってログインして、早速物色。で、手数料はどれくらいか見ようとすると、なんと見つからない。超基本的な情報が見つからない。どういうわけ?。ログイン前の画面だと手数料はメニューにあるのにログインすると消えてしまう。こんな馬鹿な。馬鹿は自分か?。誰も使う人がいないから使いやすいサイト設計なんかどうでも良いと思っているんでしょう。

わざわざログイン前の画面を出して手数料を見ると、想像以上。今どき、こんな高い手数料で売り買いする人居ないでしょう。ちょっと感動的。でもって野村は口座管理料も取られる筈。

まあ、お金持ちしか使わないのでしょうが、お金持ちだってお金にはシビアなものですから、やはり不評ではないのかな。法人なら構わないか。そうなるとホームトレードでなくてオフィストレードですね。

ネット証券が出始めてから既に10年は経過していると思いますが、もう蒸しは出来ないでしょう?!
[ 投稿者:ナナ at 23:12 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

日本郵船の株主優待ってどうかと思う?
logo

日本郵船の株主優待ってどうかと思う?

http://www.nyk.com/index.htm

株主優待の中身は飛鳥クルーズの割引のみです。ミニマムの1千株の場合で、割引券は3枚発行されます。1人1回1枚の利用ですから小家族での利用なら何とかカバーできる。割引は最大10%。クルーズの内容によって割引対象は制限される。

飛鳥は今は飛鳥Ⅱの時代。昔の飛鳥は売却か何かして今は存在しない。だから普通に飛鳥と言っても飛鳥Ⅱと言っても同じものです。

5万トン級の日本最大の豪華客船。この1隻が世界旅行と国内のショートクルーズとで1年間を消化している。船自体の休みは殆ど無い。世界一周に出る前に2日ほど点検はしている感じ。

で、株主になってクルーズが利用できるかと言うと、金額のレベルが高くて毎年総簡単には利用できない。何十万、何百万の出費は簡単でない。だから、株主優待があるとは言え、実質は何もないのと同じ。

船に乗れない株主への配慮はゼロ。さもしいあるいは貧しい諸君は株主になってもらわなくて結構と言う意思表示でしょうか。

郵船の子会社の株主優待の方がまだ若干利用価値が出るが、それでも魅力の無さでは同じ。三井商船も同じだが、海運は全く別の価値観・文化観で生きているらしい。

引き返しましょう!

続きを読む ...
 
[ 投稿者:ナナ at 16:59 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

出張でチェックしたい鮨弁当
0010000000022

出張でチェックしたい鮨弁当

http://www.hanaore.co.jp/

・富山の鱒寿し。全国に広く出回っている店と、割と地味にやっている店があるらしい。出張なら、その地味なほうを食したい。

・敦賀のかにの鮨弁当はまだあるかな。

・柿の葉すしは美味しい。あちこちで売っているしボリュームも押さえられるので一番良く食べる。

・福井の萩「生さば寿司」って聞いたことが無いけど、有っても不思議ではない。取り寄せてみるかな。1本3800円って本当?。高すぎる!

・大阪のすし萬の「小鯛雀鮨」は上品そうだが、新大阪で返るかどうかだね。

・鳥取県米子市の米吾の吾左衛門鮓鯖はこぶがまいてあって美味しそう。米子に行くことがないからチャンスゼロ。

・京都祇園にしむらの「東山」も高級鯖寿司の風情。高いです。

・箱寿司はやはり大阪です。

・富山寿々屋「白えび寿し」。この手はまだ食べたことが無い。取り寄せてみるかな。1箱2人前2100円ですが、高くも無いですから2人なら2箱でしょうね。

・鯖街道 花折「京、鯖寿し」が断トツ評価ですが、4千円近い値段ですから、京都駅で運よく見つけても手が出ない。 
[ 投稿者:ナナ at 12:58 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この頃のエチケット・マナーの摘まみ食い
この頃のエチケット・マナーの摘まみ食い

礼儀・作法はなかなかしっかり教わる機会がなくて、見よう見まねで結局不十分と言うのが実態。加えて、新たな文化的要素にITが大きく関わってくると見よう見まねでは化けの皮がはがれる。心を学ぶべきかと。

「江戸しぐさ」と言うものがあるらしい。江戸のマナーと言う訳でしょう。謙譲の美徳ですが、アメリカ文化のさもしさの前にぶっ飛んでしまった。価値観を正しく伝える努力が不足しているのでしょう。子どものまま大人になる人が多い昨今、尚更考えさせられる。人を作る教育。馬鹿みたいに漢字の読み書きのテクニカルに明け暮れるテレビ局。負の連鎖は力強い。悪貨は良貨を駆逐する?

「江戸しぐさ」



「電子メール」

これだけははどうやっても難しい。

・話し言葉と書き言葉はどっち?
・冒頭の書き出し?面識の有無?
・だらだら返信に終止符を打つには?
・開封確認メールは確認しない!相手に悪い癖をつけてしまうから。
・全文添付の返信が良い。部分的に切り取るのは前後関係が分からなくなるので避ける。

電子メールの最新マナー

電子メールが難しいのはパジャマとスーツのやり取り、昼と夜のやり取り、パソコンと携帯のやりとり、などなど自分も相手もシチュエーションがなかなか特定できないこと。電話よりも不確定性が高いコミュニケーションツールと言うことがありますね。

その意味ではいつ何処からどのような状況で発信しているかを何処かで示すことは大事です。

加えて、メールは必ずしも相手に読んでもらえない。スパムメールの扱いになっていれば本人の環境まで到達していないこともある。ちょっとしたキーワードや添付ファイルの存在で、あるいは管理者の設定変更またはミスで、メールは紛失する可能性も否定できない。



日経プラス1も摘まみ食いレベルでなくてもう少し整理して欲しいな。
[ 投稿者:ナナ at 11:25 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]