掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

top space

2007年12月13日
お役所仕事
お役所仕事はいい加減な仕事のやり方の代名詞ですが、別にお役所に限ることはありません。組織が大きくなると多かれ少なかれお役所仕事にならざるを得ない訳です。組織とは機能分割で全体の能率を上げるように作られていますが、想定した目的手段の中において想定どおりにことが運んだ場合の話です。

想定外となるケースは外的要因、内的要因を問いませんから、組織が暴走したりブラックボックスになったりするのは当たり前のこと。組織の歯車に化した人間は大概はアホかバカです。殆ど判断力を失っています。組織の中では正しくことが進んでいると思ったら大間違い。

相手がどのような組織であれ、個人であれ、定期的にフォローしていくことは無事を勝ち取るには欠かせません。嫌がられるくらいしつこい人がいる。好きじゃないけどその人も必死なんですね。

組織が健全に維持されることとは、どういうこと、またはどういう状態なんでしょう。
[ 投稿者:ナナ at 15:00 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

IT投資の妥当性判断
cmn_logo_2

http://www.tokyo-gas.co.jp/

東京ガスは自らの失敗への反省から以下の3つを決めたとある。

・投資目的と予算
・投資による具体的な効果
・無駄な機能の有無

公共事業だから税金の使われ方と思って眺めてみる。何を決めたのかこれでは分からない。コンセプトの軸が見えにくいからか。

・施策は有効であるか、・施策は効果的であるか、が一つのポイント。今一つは、目的自体の妥当性評価。この部分はIT投資の上位概念に触るだけに、クリアな指針を示せていないのでしょう。
[ 投稿者:ナナ at 13:09 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ビアファイン
ci_symbol_01

サッポロビールの低カロリー型ビール

他社が糖質ゼロを目指す中では、やや残す形(従来比半分?)になっている。だからきっとこちらが美味い。新発売は年明けの2月とか。

定番ブランドをいくつ用意できるか。ビール飲料会社も難しいところです。枝葉ブランドは限りなく枯葉ブランドだし。ニッチマーケティングとメジャーマーケティングのミックス戦略が分かり難い。マーケッターだけが知っていても不十分です。消費者にミックスコンセプトごとを理解してもらう姿勢が大事でしょう。
[ 投稿者:ナナ at 12:35 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

モン プティ シュ
横国大が開発したって。ワインにキャベツを浸して香りを移して、それで今までに無いワインと言われてもね。

しょうゆに梅を浸して梅しょうゆが美味しいと評判取っているのと同じ感覚かな。

タイトルはキャベツワインの商品名。国立大でやることですかね。少し、味見させてよ。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:ナナ at 11:50 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

福留、シカゴ・カブスへ
images

http://www.jcb-mep.com/06award/award3a.html

巨人へ行くより余程良い。最初からメジャーリーガーだ。どれだけやれるか、見極めれば良い。楽しみ。

シカゴ・カブス オフィシャルサイト

シカゴ・カブスの福留獲得のニュース

[ 投稿者:ナナ at 11:35 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ドンキホーテ浦和の火災死亡事故の裏側
logo

もちろん、放火犯人が一番悪いに決まっている。その裏にはドンキホーテの経営姿勢もあったかもしれない。

今回、テレビに流されたのは、消防署への電話通報と署員の対応状況のテープ。結果的にはこの電話対応のもたもたぶりが、通報者の命を奪った。口ごもった言い方で何度も聞き返されているが話し方が改まることは無い。取れるだけ情報を取ろうとしている。緊張感も何も無い。

知るべきは電話と言うものはそもそも危険であると言うことです。110番も119番も、それに関わる人には常識のはず。人は電話をしていると注意力が失われて回りの判断を正しく出来なくなる。今や一般の人にも常識の事項です。携帯電話が顰蹙物である要因の一つです。そういう常識を承知で長く電話に引き止めた署員に罪が無いとは言い切れない。

危険判断は飽くまでも現場。電話の向こうでは分からない。それも常識です。

電話機はどこにあったのだろう。店の奥に在ったのではないか。ドンキが店頭近くに無駄スペースを置く訳がない。逃げ道が無くなるかもしれないのに奥の電話に向かったのではないだろうか。電話を置いたときに初めて逃げ場を失った自分に気づいたのかも知れない。

もし誰かが電話を指示したとすれば、その人はさっさと逃げ出したある意味では賢明な人だった。ずるい人だった。ホテルに入ると先ず逃げ場の確認はビジネスマンなら常識かも。ドンキはアルバイトや従業人に危険管理の教育を先ずやっているか。あまり信用できない。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:ナナ at 09:10 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]