掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

top space

2007年10月31日
もう良いでは無いか
思うこと多いであろうが、何時までも始末を付けないのも辛いものであります。
[ 投稿者:ナナ at 07:47 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年10月28日
秋色最中
sh-1091247695

見た目、美味しそう。

秋色庵大阪家
[ 投稿者:ナナ at 09:49 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年10月23日
富乃宝山


富乃宝山(とみのほうざん)は先日の日経プラス1で「ロックが美味しい焼酎」として1番にランクされた。しかもダントツの1番。見たことも聞いたこともなかったけど。材が芋と言うのも二の足を踏む。

西酒造。鹿児島県日置市。日置と言えば白戸三平の劇画によく登場した地名だが関係はあるのだろうか。

芋の25度。蒸留の加減はそれほどでもない。

それでいて、値段が2750円は高いね。これも二の足を踏む材料だ。

話の種に一度は飲んでみたい。

http://www.nishi-shuzo.co.jp/

ホームページ。超自己満足のひどい作り。酒屋は造りたい酒作っているだけ。作りたいホームページ作っているだけ。なの? これを見てすっかり気分が萎えてしまった。正直言ってこんな感覚のホームページを運営する西酒造なんかどうでもいいです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:ナナ at 19:26 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

東急ハンズ町田店
東急ハンズの町田店も場所を変えていた。東急百貨店の6階7階あたりに移っていた。ハンズは楽しいけど疲れるね。前の場所は不便だったから、移転はまあまあの成果。ただ、スペースは不足して品揃えがプアになると残念だね。

東急はトップカード。流通系ですね。お得感はどんなものかな。東急はやはり渋谷。
[ 投稿者:ナナ at 19:20 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

成城石井町田店
成城石井町田店はルミネの1階にあったが、ルミネの無分別でルミネは全館ファッションビルに模様替え。成城石井も追い立てを食った。ルミネのファッションビルは中途半端で入る気もしない。ルミネカードもそろそろ返して良さそうだ。

成城石井がないと輸入食材、高級食材などで不便していたら、来月11月上旬に小田急町田店としてオープンするらしい。規模は不明。時間も20時ぐらいだとすると、かなり残念。でもないよりはましだね。

町田東急もその気で覗いてみるとなかなか上出来。お酒も揃った感じでよい。

久しぶりに町田へ出かけたが、少しずつ雰囲気が変わっている。動きを止めない街だ。
[ 投稿者:ナナ at 19:11 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2007年10月21日
シルバー出逢いの広場
シルバーは不幸にして伴侶を失っていたり、巡り会わなかったり、定年から先の人生を考え直す時期の始まり。

思春期に変わって創春期と呼ぶことにしよう。

シルバー諸君、創春期を満喫したまえ。
[ 投稿者:ナナ at 20:41 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

SUWADA
スワダのつめ切りは傑作らしい。爪を痛めない。どこでいくらで手に入るものか?
[ 投稿者:ナナ at 20:32 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年10月19日
資産運用のパフォーマンス
資産運用のパフォーマンスはどのように測れば良いか。


現在価値と年間の利息と昨年の価値と。

ここでパーセントが出る。

不動産も同じか。現在価値は償却した固定資産価値でなくて取引価格。見積もりを取らないと分からない。

買った時の費用は年間のパフォーマンスには反映しない。市場価値に載せてからの話。

20年償却は年間約150万円の損失。賃料130万円では赤字。既に15年だから償却はそろそろマチュアに来ているので、利回りはこれから改善される。上物は傷むが土地は上がり始めるから仮の現在価値、土地1500万円と、上物3000万円の25パーセント即ち750万円の計2250万円。これから130万円を稼ぐから5パーセント強の利回りを達成している。

外貨はオセアニア高金利国を使うので3パーセントを実現。外貨MMFを利用しているものも同じだろう。

保険は4パーセント。

一般ファンド、今は調子が良い。浮き沈みがあるから浮いたところで皿に盛れば良い。待てる人は強い。3パーセント位か,

財形貯蓄は最悪。金額がそれなりに有るのに利回りは0.2パーセント程度しかない。これはローンにぶっこみたい。1.3パーセントが確保出来る。

401Kの利回りも不明。預金と債権とファンドの中間で預金に近いから、1.5パーセント程度。

ローンの繰上返済は税金控除の1パーセントをどの程度上回るかが勝負。0.5パーセントを上回るかで選択は変わる。

[ 投稿者:ナナ at 22:59 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ヨドバシカメラ
ヨドバシカメラのヘッドフォン試聴コーナーは最悪。聴けるように設定されていないから試聴にならない。

でも無いよりましだ。サイズ、装着感は分かる。しかし、ヨドバシならしっかり聴けるようにしておいて欲しいものですね。

無理やり聴いた範囲ではパイオニアの4万円のものがダントツで上出来。装着感です。赤外線がノイズに弱いことも理解出来る。

買うならブランドに負けてソニーの新型か?
[ 投稿者:ナナ at 22:53 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

携帯クーポン
ケータイ電話を使ってクーポンを提示出来るサービスが出て来た。以前からあったが増えて来たと言うことです。クーポンを持ち歩く手間がないので重宝するらしい。

となるとショップが出しているポイントカードもケータイで運べないかと期待します。

技術的に無料?

[ 投稿者:ナナ at 22:48 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

先延ばし症候群
先延ばし症候群が蔓延している。他人は兎も角、自分の先延ばし病を治めなければね。
[ 投稿者:ナナ at 22:47 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年10月18日
三温糖きなこねじり
どこで買ったか忘れたのですが、なかなか美味いと評判です。老人には懐かしい味なんだそうで。

0120-023332
ジェーシーシー
お客様相談室

でも変だね。ネットで調べると札幌第一製菓の商品みたいだし。200グラム入り袋が、買ったのは130グラム。同じ名前でも色々あるのか。ジェーシーシーは販売業者とある。製造業者の記載がない。怪しい商売をしているのかな。
[ 投稿者:ナナ at 23:22 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ネット銀行
ネット銀行なら、ジャパンネットバンク、イーバンク、ソニー銀行が御三家。新生銀行も実質的にはネット銀行でしょう。

今、提携を前提に新しいサービスを開始している。要チェックです。
[ 投稿者:ナナ at 09:18 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

全日空とみずほ銀行の一体カード
全日空とみずほ銀行が一体のカードを出す。もともとみずほマイレージカードと言ったものがあったので何が新しいのか分からないが何か良さそうな印象はある。

手持ちのマイレージを移せるなら、年会費が無料なら、作ってみよう。

[ 投稿者:ナナ at 09:13 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年10月15日
藤岡信勝
藤岡信勝

グーグルでこの人を検索してみた。この人とは教科書検定で沖縄県民が上げて講義している史実改ざんを先導しているらしい人で最近は報道によく顔を出す。WEBの記事を見るだけで問題の多い人だと分かる。正しさの是非よりも、兎に角、問題が多い。

この人はもともとこういう人なんでしょう。問題は、この人に教科書などを任せた人です。戦後レジームからの脱却とは聞こえはいいが、歴史の改ざんで再スタートをした訳で、安倍さんの隠された黒いものが見え隠れする。

本当のことは分かりませんが、印象はこうでした。
[ 投稿者:ナナ at 22:21 | 時間旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年10月14日
WEBページの作り方
素人が考える素人のためのWEBページの作り方

HTMLファイルタイトル
サイトタイトル


ページタイトル
記事タイトル


これらは相対的な位置づけを持ちますから、どこかを決めると必然的に、隣り合う階層が決まってきます。小さいレベルから始めれば、記事タイトルはかなり詳細で具体的でなければなりません。

しかし、ネタがなければ詳細に展開できないのは自明。勿論、チャレンジして調べ上げて詳細版のページを起こすことは不可能ではありませんが、結構な手間が掛かることになります。普通の発想としては、中央で出来ることを押さえた上で周辺領域にチャレンジする時に手を付けるものでしょう。

という事で、一定量のエントリー/記事がかけるものについて、記事を起こし、それを上位概念で掴み上げるやり方がやりやすい。既存の記事を想定してもいいし、新たに書き下ろすにしてもよい。

本当の意味で、先にコンテンツを決める。

全体体系、ルートからツリーを展開させてべき論を振り回しても、コンテンツに辿り着かない。

�記事:記事タイトルと記事メッセージ、場合により記事イメージ、記事ビデオ。
��記事の集合に対する名称:カテゴリー名、あるいはサブカテゴリー名。サブカテゴリー名は出来るだけ設定すること。カテゴリー、サブカテゴリーは意味づけ、キーワード設定に相当し、レベル及び分野の妥当性を確保〜維持するのを助ける。

概念的には<�記事→�サブカテゴリー→�カテゴリー>の3階層で構成するし、この順序で作成し始める。

記事は1記事で1ページを占有する場合(1件1葉)もあるし、複数記事で1ページを構成する場合もある。

従って、サブカテゴリーはページの概念を持つが、その内容は複数記事を掲載する場合と各記事へのリンクページの場合がある。もしくは、リンク+簡単な説明を付す場合もある。

カテゴリーは、サブカテゴリーページへのリンク、またはリンク+説明。考え方の一つとして、「カテゴリーページには、記事は載せない」を運用案(ルール)とすることは妥当に思われる。

以上を踏まえると、カテゴリーページはインデックスページ、その下にサブインデックスまたは記事のページが複数枚数収まる形になる。

次に出てくる問題は、サイトトップからのつなぎの問題。つまり、カテゴリートップ(カテゴリーページ)とサイトトップ(インデックスページ)の関係です。

普通の発想、記事に辿り着くまでのクリック数は4回とかあれば、トップにカテゴリートップを貼り付けて終了。カテゴリーの数というより階層的なバランスが悪い場合は、インデックス上の意味づけで処理するか、例外的に、スーパーカテゴリーを設定する。スーパーカテゴリーを置く場合は、スパーカテゴリーに飛んで、サブインデックスとして作りこむ。

1)インデックス、サイトトップページ
2)(場合により)サブインデックス、スーパーカテゴリーページ
3)カテゴリートップページ
4)(場合により独立した)サブカテゴリーページ。独立させない場合は、記次ページの上部にサブカテゴリーを記載する。
5)記事ページ(1ページ1件、または1ページ複数件)

インデックスページの作り方:

インデックスページにはその内部リンク先として、スーパーカテゴリーページ(サブインデックスページ)、カテゴリーページ、サブカテゴリーページ、記事ページへの各レベルが並ぶことになる。

そのまま並べるとただのサイトマップになるが、リンクの要素だけで理解するなら同じものになっておかしくない。インデックスには他にアウトサイトリンクも並ぶので、利便性への配慮が最大である。インサイトへのリンク数は先の順序でトップダウンに合計20〜50リンクとする。20に近い方がベター。絞りきれないケース又は意図的に張るクイックリンクを想定すると最大50リンクは否定できない。

0)サイトタイトル+ロゴ
1)インサイトリンク(サイドバー)
2)アウトサイトリンク(アドバー)
3)ウエルカム+目的〜概要
4)お知らせ
5)アドレス

コンセプトページ:

独立してページを起こすことはない。インデックスページのウエルカムメッセージで記載できればそれでも十分。しかし、最も大切な概念のため明確に意識して記載すること。サイトの目的、即ちカスタマー(想定している訪問者)とサービス(提供する情報)を明確にする。サイト・コンセプトは複数のサイトが有ればそれぞれ存在する。

但し、複数のサイトの間での必要十分条件的な整合性は求めない。抜け漏れは勿論、相互の重複を認める。全くのダミーすら認める。コンテンツ(記事)が決
まったら、納める先サイトは複数存在するということ。

成長プロセス:

骨子は上記の構成でインデックスをレイアウトデザインしてしまう。リンク(特にインサイト)は初期は記事タイトルに近いものが生で記載されるが、コンテンツの充実に伴い、徐々に上位概念のカテゴリーリンクに変わっていくはずである。アウトサイトリンクは、コンテンツ的な対応をとるため、言い換えればよく参照する外部のクイックリンクを並べるため、並行して改変されることになる。

レイアウトデザイン:

各階層で、レイアウトはどのようにするのか、思案があるが、基本的に1つのサイトは1つのレイアウトにする。サイドバーはかなり共通の内容になるが、アップリンク、ダウンリンクの組み合わせで、全く同じになるわけではない。

サイドバーはそれでも共通性が高いので、小さくするのが良い。一報、アドバーは外部リンク、アドリンク、場合によっては引用したはみ出し記事(スタイル上の特殊な処置は必要だろう)に利用するので、スペースは大きめに撮る。

サイト間の関連:

外部リンク(簡易説明可)、またはスイッチ(タイトルバーに設置)を使う。

WEBページの作り方:

WEBページの作り方は結局、サンドイッチ工法になる。隙間だらけのインデックスページと記事ページから始めて、後は繋いでいく。

この1,2年の実績ではどのブログの成果よりも大きい。掛ける労力とまで考えれば明確。また分野的には業務(ビジネス)ネタが有利。

デザイン:

黙って借りるのが当座は一番です。ページタイトルは、

1)インデックス、サイトトップページ→サイトタイトル
2)(場合により)サブインデックス、スーパーカテゴリーページ
3)カテゴリートップページ→カテゴリータイトル。サイト名はインサイトリンクに移す。
4)(場合により独立した)サブカテゴリーページ。独立させない場合は、記次ページの上部にサブカテゴリーを記載する。
5)記事ページ(1ページ1件、または1ページ複数件)→記事タイトル、またはサブカテゴリータイトル。

考え方を作ったのでなかなか明快になった。

[ 投稿者:ナナ at 18:27 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

タギングの方法
タグと意味づけの関係が一意に決まるとやり易い。

ページには各タイトルが並ぶ。例えば、サイトタイトルはそのサイトのどのページを見ても記述がある。しかし、そのどのページでもH1記載はありえない。ページの目的、ポジションがサイズを決定する。

A:同じ、CSSを使う場合、ページタイトルをH1記載する。サイトタイトルでなくてページタイトル。

B:ページ目的毎にCSSを使い分けるなら、タイトルIDでもってサイズを制御できる。この方法、コンテンツに関係なく位置づけを変更する(変更できる)場合は考えられないこともないが、実態としては管理不能に陥るでしょう。

A案しかない。尚、基本形を決めるだけ、ページの目的特性で随時追加でスタイル設定を行なう。

5段階の制御は難しい。

大きく強調する:H1
中ほど強調する:H2
やや強調する:H3
(H4,H5は特定の目的以外には使用しない)
文字サイズ:ラージ、ノーマル、スモール。又はピクセル/ポイント指定。

ページタイトル:h1
サイド・アップリンク:h4
サイド・ダウンリンク:h3
サブタイトル:h3
記事タイトル:h2
記事:p
スイッチ:h5 or small

上記は途中だが、部位とパーツを決めてサイズを固定してしまう。

[ 投稿者:ナナ at 18:19 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

マネジメント体系の作り方
マネジメント体系の作り方

先にWEBページの作り方の説明をした。概要は以下の通り。最重要はエントリー記事そのもので、次に大事なのはアップリンクの指定。途中にカテゴリー振り分け〜集約のプロセスを経て、サイトに辿り着く。当該サイトは誰に何を提供するのかのコンセプトが明確でなければならない。実際に記事をアップする先の特定に繋がるので、アップリンクの終着を示すものとしてサイトコンセプトは重要であり、アップリンクの一環と見做せる。

WEBサイトの統合化は「名刺」または「お客様」ごとに括るのが妥当と思われる。また全体の統括も課題になるが、これらはいずれも外部WEBでの対応は適切でない。少なくとも当面は実施してはいけない。

さて、

マネジメントはどのような考え方をすべきか。名刺:、顧客:、目的:情報管理、または管理情報サービス、構築サイト:ローカルWEB。ぐらいであろうか。

手順はWEBページの作り方と同じになる。管理したいものを記事として纏める。アップリンクで体系化を図る。が、以下は考慮すべき。

・記事は大半は表データになる。従って台帳管理体系になる。管理を確実にするためには、外部WEBのような重複・類似の掲載は、極力制限すべきこと。従って、エクセルまたはワードのファイルを共有させ、記事ではそれらファイルにリンクするにとどめる。

・無限のエクセルシートが出来ては困るから、キーコードを確定させる。
・記事のレコード化。レコードのキーコードの特定化。これらは手書き
(HTML記述)はしないで、エクセル形式で管理する。(本来はアクセス形式が良いのかもしれないが改善されないままのアクセスは手に余る。使い切れない。)
・「xxxx台帳」とした場合、「xxxx」をキーコードにした台帳。
「xxxx」台帳は別の用途で複数できる場合、一つのエクセルファイルに出来ない場合は、「xxxx-yyyy」「xxxx-zzzz」等として識別できるようにする。
・特定のツールで管理している場合は、そのツールへのリンク情報(プログラ
ム、データ類の格納先等)を示す。

以上を踏まえると手順は、

・管理したいデータ類のキーコードを決める。管理項目を決める。ファイル名が決まる。
・レコードを作成する。
・レコードにリンクする記事を起こす。
・記事のアップリンクを作る。
・マネジメント目的では、記事とカテゴリー(目次情報)の混在は想定しない。
・また可能な限り1ページ1記事とする。1ページに複数の記事は並べない。
・エクセルファイルには複数の記事からリンクさせ、重複作成を減らす。
・カテゴリーページ、サイトページなどの目次ページ(インデックス)は記事及びエクセルファイルの充実を踏まえ、適宜再構成する。
・基本はここでもサンドイッチ工法を利用する。サンドイッチ工法の特徴(長所)は全体が見えない中での記事起こしが出来ること。
・屋上屋になる懸念も有るが、キーコード一覧は作ってよい。キーコード一覧と台帳一覧は実質同じものになる。
・特定のデータを特定のツールで管理しているものも一覧で押さえて置く。
・リンクの自動修正(追尾)を実現するため、全体として一つのフォルダーの中で作りこむこと。
・台帳は内容的に輻湊しがちなため、関連する台帳が明確な場合は、台帳にリンクする(紹介する)記事の中で参照しておく方が良い。

※始めの一歩

1)記事ページを作る。台帳の概要紹介みたいなものになるかな。
2)エクセルを用意する
3)記事リンクをインデックスページ(トップでもカテゴリーでも)
4)ローカルの場合FTPでのアップ作業は不要。

[ 投稿者:ナナ at 18:16 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

情報管理におけるサンドイッチ工法の弱点とその克服
サンドイッチ工法は既に述べたが、特徴として任意のレイヤーから仕事を始めることが出来ることは、同時にレイヤーのバラツキを認める形でスタートすることになる。

バラツキの吸収は、途中に入るインデックスページで行なうが、その具体性には検討は及んでいない。単なるインジケータ、方向指示器、振り分け装置。プラス能書きの構造になると思う。要するに、記事のリンクリストが付いた物。多分、多分では困るが多分、一切の記事ページ「記事+リンク(展開するダウンリンク」の構造になる。

全てが相対的であるとの認識に立てば、上に対しては記事、下に対してはインデックスの性格を持つ。サイドバーのリンクは定義としてアップリンク、ダウンリンクを持っているので、普通に記事を起こして行っても吸収できるが、重要な、例えばポータル的な性格を与える場合は、サイトインデックスに似たデザインが相応しいと言うことになるだろう。

一切を相対的とした場合でも、

ボトムの記事とトップのサイトインデックスまたは一切を束ねたルートインデックスの間の階層は、記事の特性により深いものと浅いものが出来てしまうことになる。このバラツキは受容できる性格のものである。

途中、途中に要のインデックスが入ることを思えば、其処が利用者の階層のスタートレイヤーと見なせるからである。

*

ページの特性は、ポータル型デザインと記事型デザインの違いは、メインブロックをリンクに使うかどうか、ぐらい。サイドにもリンクはあるし、どの未知説明はやるのだから本質的には違いない。一つのランドスケープを提供するビューポイントぐらいか。

目安としては、展開先が20箇所以上あれば、一休みして全体を俯瞰させると言う発想で良いだろう。

下が、20もあればビジーになるから、それに相応しい形を求めるくらいかな。そんなページは限られているはずだ。

以上です。

次は作業効率を実現する工夫です。


[ 投稿者:ナナ at 18:08 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

赤福よ!お前もか!
サイトを見ようとしたら閉鎖していた。お詫びが出ているかと思ったのに閉鎖とは理解しがたい。

商品は撤去された。単一事業なので、一旦は廃業に近い状態になるだろう。経営者一族が逮捕とかになると、再起には時間が掛かる。

少なくとも2004年から全体の18%が冷凍保存して日付を変えて再出荷してい
た。

食品安全でかなり模範的との評判だったのに残念だね。

許せないのはやはり日付を直していることです。若社長がどのように言い訳してもそこは許せない。製造年月日の記載はどうなっているのか全部説明して下さい。

今まで何を食べさせられていたかと思うと腹立たしくもある。

三つ売るより一つ残すなの家訓を捨てた末代までの恥晒しは即刻引退しなさい。店主の資格無し。
[ 投稿者:ナナ at 18:01 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年10月12日
亀田大毅らい
亀田は嫌いだね。野卑。昨日の試合の反則は度が過ぎている。ボクシング協会は文書で注意すべき。抱え上げて脳天逆落としになって怪我とかさせたらどうするのか。反則が続いた段階で反則負けを宣言すべき。

亀田はしばらく教養を身に付けるまで出場停止すべき。

ではないだろうか?
[ 投稿者:ナナ at 09:19 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年10月10日
福田首相の履き違え
領収書公開は政治活動の自由を阻害する懸念を表明した。これ、履き違えではないの?

税金を使った分を公表するのであって、政治活動の自由そのものは何ら阻害していない。福田さんは税金貰わなければ政治活動をしないと言っているならとんだお門違い。


馬鹿なことに慶事葬儀の類まで税金使って領収書を欲しがる政治かが居る。そんなことになけなしの税金使って欲しくない。

領収書公開に賛成しない議員をリストして下さい。それを先ず公開して下さい。

[ 投稿者:ナナ at 18:52 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

安倍さんの空手形
年金は最後の一人まで、払ったものが戻るようにすること、宣言して、辞職した。引き継ぐでなく引き継がないでなく、たらい回しの政権。

福田さんには何の正当性も無い。

今は、舛添さんの個別問題にすり替えている。

嘘つきヤジロベイの自民党かも!
[ 投稿者:ナナ at 18:52 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年10月09日
総務省は変なところ
無線LANの電話事業の免許を2社に絞ると。2社以外の利用者を置き去りにしだいみたい。必ず誰かが困ることになる行政は支持できない。

総務省の横暴を止めてくれる人はいないのか。

民主党?

選挙も近いことです。お願いしてみましょうか。
[ 投稿者:ナナ at 21:09 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

マイクロソフトはストーカー
マイクロソフトって確かにストーカーみたいな所がある。

良いのを見つけると、付け回し追いかけ回し、その内には上がり込んで来て、問答無用。お前も良い思いしたから文句ないよね。で、引き上げて行く。

閑話休題

昔ウィンテル、今グープル。ソニーも入れてソグプルとやりたいが今一ワクワク度が不足だね。だから今はグープルと。

マイクロソフトって中途半端で、高いだけで、安心だけどワクワクしない詰まらない。

ストーカーは先頭を走れない。
[ 投稿者:ナナ at 20:30 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年10月04日
無情無常
好きなことをやるって言ってそれが又別のプレッシャーになっては困る。

ノンビリ出来る余裕無し。
[ 投稿者:ナナ at 21:38 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

沖縄11万人デモ
文部省の軌道修正の前に、何故事実が歪められる方向になったのか?を知りたい。安倍さんの裏の顔が見えてくるのかも知れない。



コレ、11万人が本当が噛み付いた人が居たらしいけど、そんなの関係ない。1万人でも超十分です。真実を語るのに頭数は要りません。

[ 投稿者:ナナ at 21:36 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

携帯を使ったネット接続
出先でLANが利用出来ない時に緊急で携帯を使う。高いけどしようがない。でもって、いざという時、本当に使えるようにして置かなくてはいけない。いざという時ね。
[ 投稿者:ナナ at 21:31 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

セブンイレブンは高い
セブンイレブンでペットボトルを買おうとしたら超高い。イトーヨーカ堂と同じと思ったら大間違い。24時間営業は素晴らしいですが代償もしっかり取られていた。
[ 投稿者:ナナ at 21:27 | カナカナ | コメント(0) | トラックバック(0) ]