掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2008年10月06日
シュスラン観察会<続き>
実は、シュスラン観察会に先立ち、案内人の佐々木さんが予行演習に連れて行ってくれました。場所は、山の中腹の大島観光ホテルから続く観察道。
山の中を分け入ってみたら、当たり前のようにシュスランが咲いていて、でも小さな花なんでそれと意識しなければ全く気がつきませんでした。ともあれ、ここでの目的は、まずはナンバンギセル。大島ではけっこう目に付きます。たいていは、ススキの根に寄生しているものなんですが、ここで見つけたのは普通に生えているようにも見えました。
ナンバンギセル

そして、ツチアケビ。これは花はすでに終わっているということで、赤い実が熟す途中と言ったところでした。
ツチアケビ

アケビと違って食べられない実なんですが、なめてみると甘い舌触りでした。毒はない様で、私まだ生きてました。
[ 投稿者:oshima at 10:03 | 自然 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/00.94/a00350/0000256669.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/00.94/archives/0000256669.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 2 x 6 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら